株に投資をする時にはどれだけの利益がでるのかということを、考えてから投資をする必要があります。
実際に利益がでていないにもかかわらず、利益の計算をするというのは取らぬ狸の皮算用に思えますが、投資にはリスクがつきものですからどれだけのリターンがあるのかということを予測していなければ、安定した投資を行うことができません。

そのため、投資をする際には将来どの程度株価が値上がりするか、配当による利回りはどの程度かといったことを考慮に入れて、投資をする必要があるのですが、近年無視することができない要素のひとつとして株主優待があります。
最近になって、誰もが気軽に株式投資を行うことができるようになってからは、株主優待のある銘柄の人気というのが非常に高くなり、株価に影響を与えるものとなっています。
また、株主優待自体が換金性の高いものなど少なくないため、このような優待をもらった場合使う予定がない場合には、中古買取に出して現金化することによって利回りを高めることができます。

人気のある株主優待というのはランキングにもなっていますから、そのようなものを確認して株主優待がどの程度投資に影響を及ぼすのかということもよく考えておく必要があります。
もちろん、優待を目当てに投資をするにしても同じことでその場合には優待の内容を確認するだけでなく、企業の業績はどのようなものであるのか、どのような事業を行っているのか、現在の株価は高値圏にないかといったことを確認しておく必要があります。
せっかく優待をもらうことができても、株価の値下がりなどによって優待の利回り以上に含み損が発生してしまっては意味がないので、購入前の銘柄分析は重要となります。