自己資産をその他の物に注入することによって、その他の物が注入した資金によって利益を上げた際に自らに企業が挙げた利益の数割を還元してくれる仕組みを投資と言います。その投資をルールを守って行うと企業が挙げた利益が大きければ大きいほど還元率は多くなるため、自己資産を増やす目的において若い世代で広がりを見せているのです。その投資ですが、これまでは企業が挙げた利益を還元してもらうという仕組みが目的だったのですがそれとは別の目的で投資を行う人が増えています。その別の目的というのが株主優待であり、株主優待は企業が投資をしてくれた人に対してこれからも投資をしてもらうために関係を良くするのと都株主優待の内容によっては通常では手に入るものではない物が多く貴重品を集める人においておすすめできると言えます。その蚊株主優待において、現在おすすめできる内容物と言えるのが信金中央金庫です。信金中央金庫とは日本の金融機関の一つで、会員向けに融資や預金受入れなどを行なうと共に全国の金融機関に金庫に対して経営指導や財政支援などをおこなう日本で最も権威のある金融機関になります。もともと投資は企業や物に対して行われている物なのですが、本来の始まりは金融機関の活動資金という名目で始まった物なので資を増やすことは銀行が健全に活動できることを意味するため広報活動の一環で株主優待も豪華な物になっています。信金中央金庫の株主優待の内容は、投資した数によって内容が変わります。1口以上3口未満においては天然木に漆を塗り重ね金箔で文様をあしらった特注の箸秀衡塗箸二色揃えが送られます。そして3口以上10口未満であれば60商品の中から好みのものを選ぶ3000円相当のグルメカタログそして10口以上であれば6000円相当のグルメカタログから選ぶという内容になっているため特に主婦層におすすめできる内容になっています。